板金加工にかかる費用と内訳とは

板金加工とは、金属を加工したり切断したりすることを指します。そんな板金加工ですが、どれくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。日用品などが販売されているホームセンターなどで手に入る加工された金属類は安価で手に入れることができるでしょう。
しかし、それらは作りが簡単だから安価で手に入るのです。建築や車両ボディに利用するように加工された金属は複雑な形をしているため、専門の板金加工業者に依頼しなければなりません。

そこでこの記事では、板金加工を施す場合にかかる費用と内訳について説明します。これから板金加工を依頼しようと考えている方には参考になる記事となっていますので、ぜひご一読ください。

板金加工にかかる費用

結論から言いますと、価格帯は業者によってバラバラです。
しかし、ほとんどの工程を機械で行うので、そこまで高くはありません。

だいたいの目安としましては、1工程につき30円〜100円程度でしょう。しかし、これはあくまでも目安なので、必ずしも全ての業者がこの値段で対応しているわけではありません。

加工する金属によって費用が変わる

板金加工は加工する金属によって、費用が変わってきます。
その他にも、どのような形状にするのかによっても、板金加工にかかる費用は変わります。例えば、アルミの場合は重量も軽いですし、強度もそれほどないので、加工しやすいといった利点があります。

しかし、ステンレスだと重量もアルミと比べて重いですし、強度があるのでアルミよりも加工しづらいという点があります。そういった面から、加工にかかる費用が変わってくるのです。

板金加工の費用の内訳

板金加工にかかる費用と内訳とは

板金加工にかかる費用は加工する際にかかる費用だけではありません。
加工を施す際には機械を使用しますが、板金加工は精密な操作が必要になりますので、人の手なしでは加工をすることができません。そのため、様々な費用が含まれています。そこで、板金加工に含まれている主な費用を2つ紹介します。

  • 人件費
  • 諸費用

これらの費用は見積もりで提示される場合もありますが、ほとんどは前もって含まれています。

人件費

板金加工は全自動で動いているわけではありません。作業員が常に加工状況を注意して確認しているため、担当する作業員の給料が発生します。
板金加工業者の収益といえば、板金加工をすることになりますので、そこに人件費を含まないと板金加工業者は潰れてしまいます。
そうならないために、板金加工には人件費が含まれているのです。

諸費用

続いては諸費用になります。例えば、板金加工の設備が故障してもすぐに購入できるよう、ある程度のお金は用意しておくことでしょう。そのために、板金加工費用には設備のメンテナンス代金が含まれています。

板金加工は企業以外でも依頼できる

板金加工は企業である法人でしか加工をしてもらえないと認識している方も多いのではないでしょうか。しかし、実際はそうではありません。法人であろうが個人であろうが関係なく、板金加工業者を利用することが可能です。

一つからでも板金加工を施してくれる業者もある

板金加工はよく、大量に生産する場合のみに利用できると認識している方も多いでしょう。
しかし、板金加工業者の中では、一つだけの金属でも板金加工を施してくれる業者もあります。必ずしも大量に発注しなければならないという決まりはありません。

料金の安さだけで業者を決めてはいけない

板金加工業者を選ぶ際に、料金の安さだけで決める方もいるでしょう。
しかし、料金が安いだけの理由で板金加工業者を選ぶのは控えましょう。なぜなら、提示されていた料金が安かったとしても、いざ支払いをするとなると追加料金が加算されて、結局お金がかかってしまったという事例もあり得るからです。そうならないために、料金設定がわかりやすく、追加料金などが発生しない信頼できる業者を選びましょう。

まとめ

板金加工にかかる費用は加工費だけではありません。精密機械を扱う作業員の人件費や、設備メンテナンス費用も一緒に含まれています。

板金加工はよく、企業である法人でしか依頼できないと認識している方が大半ですが、そうではありません。個人でも依頼することができます。さらに、一つだけの加工を依頼しても請け負ってくれる業者もあります。

株式会社アイ・バンでは、建築現場で38年のもの間、腕を鍛え上げた熟練工が板金加工を行っております。
そのため、高品質には絶対の自信があります。板金加工を依頼したいと考えている方は、お気軽に株式会社アイ・バンまでご相談ください。

2021年5月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031